平成29年9月 最新人材市場動向レポート「ヒューマンタッチ総研Monthly Report」(1/2)

今月のトピックス

優秀人材の獲得、離職防止のために「HR テック」を導入する企業が増加

「HR テック」を導入する企業が増加しています。「HRテック」とは、HR(Human Resource)とTechnologyを掛け合わせた造語であり、最先端のテクノロジーを活用することで、採用・育成・評価・配置といった人事業務の高度化と効率化を支援するサービスのことです。
「HRテック」を導入する企業が増加している背景には、人口減少社会を迎えて本格的な人材不足の時代になったことがあります。生産年齢人口(15歳~64歳の人口)は1997年の8,699万人をピークに減少に転じ、2016年には7,665万人にまで減少しています(1,034万人減)。また、2017年7月の有効求人倍率は前月より0.01ポイント上昇して1.52倍となり、1974年2月(1.53倍)以来43年5カ月ぶりの高水準となりました。正社員の有効求人倍率についても1.01倍と高水準になって います。
このような厳しい採用環境の中で、企業の人事部門では、世界中から優秀な人材を獲得するための効果的かつ効率的な 採用活動の実践や、採用した人材の離職を防止するためのきめ細かい人事管理の実践に、「HRテック」を利用したいと いうニーズが高まっています。注目されている主な「HRテック」のサービスには図表①のようなものがあります。


不足感が高いのは「医療・福祉」、「郵便業・運輸業」、「建設業」

次に、最新の調査結果から産業別の過不足判断DIを見ると図表②となります。最も過不足判断DIが高いのは「医療・福祉」(55%ポイント)、次いで、「郵便業・運輸業」(46%ポイント)、「建設業」(43%ポイント)となっており、これらの産業分野において、特に人材不足が深刻であることが分かります。


<図表① 「HRテック」の注目サービス一覧>

サービス名(URL) 運営会社 サービスの特徴
ジョブカン採用管理 株式会社Donuts ・人事・採用担当者1,000名以上の意見等を元に設計された、使いやすい画面や機能で、
現場の課題を解決するとともに戦略的な採用をサポートするサービス
・求人媒体との連携で応募者を一元管理することができる
HRMOS(ハーモス)採用管理 株式会社ビズリーチ ・応募者の情報や人材紹介会社とのやりとり、面接の評価など、採用に関する情報を一元管理できるサービス
・応募者数や面接実施数、面接官の評価など、採用のあらゆる情報をリアルタイムに見える化できる
人事評価クラウド「コンピリーダー」 株式会社あしたのチーム ・人事評価に特化した人材管理サービス
・ビッグデータをAI が分析することで、目標設定時のNGワードや良い例、悪い例、
評価者のスキル等を自動判別できる
Codecheck 株式会社ギブリー ・定量的に エンジニアのスキルを可視化することで、ミスマッチのない人材採用/配置を実現するサービス
・プログラミング技術、Web 実践技術、IT・Web知識を可視化すること ができる
Wevox 株式会社アトラエ ・独自のサーベイを用いて組織の状態を可視化するサービス
・ エンゲージメント(会社への愛着心)におけるマイナス要因を特定し、改善策を実施していく事で、
組織改善のサイクルを生み出す




  • コンプライアンス推進
  • 改正派遣法について