情熱と出会いたい

この一年でAI/人工知能やロボットがビジネスシーンで導入されたという事例をよく目にするようになりました。生産人口が減少していく問題を抱えている日本では、総労働時間を減少しながらも付加価値を増加させ、時間生産性を高めていくことが喫緊の課題となっています。人が不足するのであればAIやロボットで代替しようという動きは益々活性化すると思われます。弊社も例外ではありません。
しかし、私たちの人材紹介サービスというビジネスは、あくまで「人」に向き合っているということを忘れてはなりません。顧客の経営課題や求職者の人生を左右する「転職」において、正確無比なAIがどんなに論理的な答えを導き出したとしても、それだけですべてが解決するほど人は単純ではないからです。
では、「人」を動かし、「人」を納得させるものは何なのか?
その答えもまた「人」なのです。
私たちが接する相手は、経営者や人事、そして求職者。いずれも社会をよくご存知の方々です。たとえ表面を上手に取り繕っても、最後には必ず見透かされてしまう、そんな手ごわい相手でもあります。
だから、
「この会社の経営課題を解決できる人材を紹介したい」
「この方の人生を右肩上がりに良くする転職を決めたい」
「世のため人のためになりたい」
きれいごとのように聞こえるかもしれませんが、このような熱い想いを持っていないと、人材紹介サービスの仕事はできない。そんなふうに私は考えています。
理屈だけじゃない、人を動かす「情熱」。言い換えると「人間味」こそが、私たちが求めてやまず、AIではカバーできない、最大の採用条件です。見た目でも、学歴や職歴でもない、熱い人間味を持った人物と、ぜひ一緒に働きたいと願っています。

ヒューマンタッチ株式会社 代表取締役

髙本 和幸

↑ページトップへ