建設、電気・電子、機械、メディカルなど求人が豊富!転職エージェントならヒューマンタッチ キャリアエージェント

0120-91-7565 通話無料:受付時間(月~金10:00 ~ 20:00)

ヒューマンタッチ キャリアエージェント 人間味あるプロの転職サポートを。

無料転職支援サービス
に申し込む

0120-91-7565 通話無料:受付時間(月~金10:00 ~ 20:00)

履歴書の書き方

履歴書は、学歴や職歴、資格等これまでにあなたが何を行ってきたのかを応募先企業に伝えるための書類です。実際の記入例を見ながら、 書き方の基本知識や採用担当者に自己アピールしていく方法を詳しく解説していきます。

履歴書作成のポイント

ポイント

  • 一字一字丁寧に書く(手書きの場合は黒のボールペンで)。
  • 書き上げた履歴書はコピーし面接前に見直す。

ここに注意

  • 誤字脱字は修正液で直さず、初めから書き直す。
  • 他社に提出し返送されたものの再利用は避ける。

左半分のポイント

履歴書の書き方 履歴書フォーマットのダウンロード(EXCEL)

1郵送・送信・持参する日付を記入

日付け欄には郵送・メール送付日を、持参の場合は持参する日付けを記入。
特に指定がない場合は「昭和」「平成」等の和歴を使用する。

ここに注意

  • 日付け/学歴/職歴/資格欄で和歴と西暦が混在しないよう注意。

2スーツ着用で撮影した写真を所定の場所に貼り付け

「仕事をする時の服装」(スーツ)での撮影を心がける。
写真店での撮影が基本、スピード写真は避けた方がよい。
剥がれた場合を想定し写真の裏に名前を記入する。

ここに注意

  • 切り取ったスナップ写真を利用するのは厳禁。

3連絡がつきやすい電話番号を入力

住所は省略せず都道府県名から記入する。
電話番号欄には連絡がつきやすい電話番号を記入する(携帯電話可)。

メールアドレス欄は、プライベートアドレスを使用する。

ここに注意

  • 住所を記入する際、アパート・マンション名を省略するのは避ける。
  • メールアドレス欄に現勤務先のメールアドレスを使用するのは厳禁。

4正式名称で略せず、端的に

1行目中央に「学歴」と記し、次行から学歴をまとめる。
小/中学校は卒業年次を、それ以降は入学・卒業年次を共に書くのが一般的。
大学/短大/専門学校は、正式学校名・学部・学科を記入する。

5職歴は雇用形態を明確にして記入

学歴を書き終えた後、「職歴」と中央に書き次行から今までの職歴をまとめる。
契約社員の場合「契約社員として入社」と書いて雇用形態を明確に。
派遣社員の場合「○○(派遣会社名)より△△(派遣先企業名)に派遣」の様に派遣元と派遣先企業名を記入する。

学歴および職歴を書き終えたら、最終行の右端に「以上」と書いて締めくくる。

ここに注意

  • 会社名は省略せず正式名称で記入する。 ×ヒューマンタッチ(株) ◎ヒューマンタッチ株式会社

右半分のポイント

履歴書の書き方

1自己PR / 志望の動機 / 本人希望記入欄

自己PRにはこれまでのキャリアやスキル等、自分のセールスポイントを記入する。
志望動機欄は、志望理由はもちろん「○○を活かし貴社では△△にチャレンジしたい」等応募職種とキャリアを関連付けて記入するのがお勧め。

特別な事情を除き待遇及び勤務地の希望を明記するのは避け、むしろ仕事への意欲を書く。

ここに注意

  • 本人希望欄へ具体的な給与や勤務時間を記入するのは原則NG。

2応募する求人にアピールできる資格を記入

普通自動車免許など一般的な資格の他、応募先企業で活かせる資格は全て記入する。
取得を目指し勉強中の資格があれば、アピール材料になるので追記する。

ここに注意

  • 取得していない資格を記入するのは厳禁。

3第一印象は、封筒で決まる!

書類を封筒に入れ、のり付けした後封じ目には「〆」もしくは「封」「緘」と記入する。
使用する封筒は応募書類が折り曲がらない角2サイズがお勧め。

宛名は、採用担当者がある場合は「○○様」、
担当部署名しか分からない場合は「○○部御中」とする。

専門のキャリアコンサルタントが、あなたの転職を徹底サポート。

最新の求人が新着順に5件掲載されます。

新着求人help

ページトップへ