多岐に渡るヒューマンタッチの就職支援 日本の雇用を創出する3つの事業

パブリック・サポート・サービス事業(PSS事業)

官公庁や行政機関から業務を受託し、主にアウトソーシングサービスを行う事業です。区役所など自治体の窓口業務、事務業務や選挙事務、そのほか、ハローワークの一部業務の運営、女性や高齢者の就職支援……さまざまな形で社会に貢献する事業です。

日々「伝え方」の大事さを実感、先輩がしてくれたように、
私も後輩に体験を伝えていきたいのです。

入社2年目山内 榛花

目線を合わせてくれる社風

就職活動をしていく中、「人と人とのかけはし」という仕事に興味がわきました。ヒューマンタッチに入社したのは、最終面接で髙本代表が話してくださったことが決め手です。私がアルバイトの体験を話したところ、代表もご自分の体験を語ってくださいました。代表のこうした姿勢が、社風を表していると感じたのです。

和気あいあいの社風、研修制度の充実に安心感

実際に入社してみると、まさに予想通り、先輩、上司の方々はみんな和気あいあいとした雰囲気です。けれど、ただ仲が良いわけではありません。先輩に質問すると、自分の仕事を後回しにして時間を割き、丁寧に教えてくれるのです。後で聞いたところ、新入社員を受け入れる前、先輩社員もその準備研修を受けるのだそうです。そのほか、毎月研修時間が決められており、ロールプレイングの回数などをグラフにして確認しています。何も知らないところから始める新入社員にとって、かなり安心感があります。

新規受注から運営までこなし、新入社員に教えていきたい

現在は、営業と同時に、自治体の業務に就くスタッフを募集し、運営をしています。業務によってはかなり大勢の方に仕事をしていただくので、「伝え方」の大事さを痛感しています。電話の対応、登録会のご案内など、きちんと説明しているつもりでも誤解されていたこともありました。目標は、新規営業先をまず1件受注すること。新入社員が入るまでに、受注し、スタッフを募集し、運営まで一通りこなしたいのです。その経験をもって、先輩がしてくれたように、私も新入社員にいろいろと教えていきたいと思います。

INTERVIEW

HARUKA YAMAUCHI

募集要項

↑ページトップへ