企業理念Corporate Philosophy

グループ企業理念

「為世為人」

私にはずっと昔から心に刻みつけている、ある想いがあります。
時代がどれだけ変わっても、人が持つ力や可能性は決して変わることがないということ。「原点は人である」という、強い信念です。「ヒューマン」という言葉を私たちの社名としたのも、すべての希望や可能性は人から始まるという確信があったからです。

「為世為人」 世のため、人のために。

一見、使い古された言葉かもしれません。しかし、人はお互いに自分以外の人のため、社会のために自らの力を使ってこそ、自己実現できるのではないでしょうか。
時代は今、大きな軋み音をたてながら、変わりつつあります。終身雇用、年功序列などの制度の崩壊。急激な高齢化社会の到来。若者の無気力。
しかし、この想いは、決して揺らぐことのない真理なのだと思います。私たちは綱領に掲げた「為世為人」が真に意味するところを、常に自らに問いかけます。既存の枠にとらわれない自由な発想、遊び心、学ぶ心。そのすべての中心に、人の、社会の役に立つことで得られる感動があります。
その感動を原動力に、そして変わらぬ信念を胸に、私たちは事業を通じてよりよい社会づくりに貢献してまいります。

ヒューマンホールディングス株式会社
代表取締役会長 佐藤 耕一

経営ビジョン

「為世為人」を原点に人間味あふれる就転職サービスで
社会貢献性と収益性を高め続ける

~ヒューマンタッチの社名の由来は人間味~

人が介在する以上、人間味あふれるサービスを提供しなければ、我々の介在価値は見出せないと考えています。人間味とはなんでしょう。
私は「人を動かす熱さ」と「人を思いやる温かさ」だと考えています。
人間は頭で理解したとしても行動にはなかなかうつれないときがあります。
重大な決断をするときであればなおさらです。
情熱とホスピタリティーをもってベストマッチングを実現し、繋がった方々が社会の中で生き生きと活躍されていく。 そんな成長の輪を具現化するために事業に取り組んで参ります。

ヒューマンタッチ株式会社
代表取締役  髙本 和幸

ページトップへ戻る