建設、電気・電子、機械、メディカルなど求人が豊富!転職エージェントならヒューマンタッチ キャリアエージェント

0120-91-7565 通話無料:受付時間(月~金10:00 ~ 20:00)

ヒューマンタッチ キャリアエージェント 人間味あるプロの転職サポートを。

無料転職支援サービス
に申し込む

0120-91-7565 通話無料:受付時間(月~金10:00 ~ 20:00)

プレゼンテーション本番でのいくつかの注意ポイント

市場で求められるエンジニアになるためのスキルアップ手法

(2015/11/20)

さて、ここまでにご紹介させていただいたスキルを活用して十分な事前準備をおこない、プレゼンテーションが「楽しみ」になり、「待ち遠しく」なったなら、ほとんどプレゼンテーションは成功したようなものですが、今回は、最後の仕上げとして、プレゼンテーション本番での注意点をいくつか書いておきたいと思います。

1.基本的な身だしなみに注意する

当たり前のことですが、服装や髪形など、基本的な身だしなみはきっちりとしましょう。社外でのプレゼンテーションでは特に重要です。

2.聴き手の方を見て話す

スクリーンの方ばかりを見て話す、手元の原稿を見て話すことは避けましょう。スクリーンの図を示すのであれば、スクリーンに向いてポインターなどで示した後で、聴き手の方に向き直して話してください。 原稿を見るのであれば、原稿を見て話すべきことを確認してから、聴き手の方を向いて話しましょう。

3.原稿や資料を読むのではなく、自分の言葉で話す

原稿を作成したとしても、それを読むのは避けましょう。原稿は話す内容を思い出すきっかけとして、自分の言葉で話すようにしてください。

4.キーマンの表情を時々確認しながら話す

キーマンを中心に、何人かの人とアイコンタクトを時々とることを忘れないようにしましょう。

5.早口になりすぎない

基本的に人は緊張すると早口になります。意識してゆっくりと話すようにしましょう。

6.大きな声で話す

小さな声では聴きとりにくいし、自信がなさそうに聞こえます。会場の大きさに合わせて、一番後ろの人にも聞こえるように大きな声で話すことを意識しましょう。

7.声の強弱をつける

重要な部分では声を意識的に大きくし、それ以外の部分は普通で話すと言うように、声の強弱をつけましょう。一本調子の話し方は聴き手の眠気を誘います。 時には意識的に沈黙の時間をつくることも有効です。

8.身振り手振りを使う

情熱を示すためには、最も重要な部分だけ身振り手振りで強調することも効果的です。

9.提案書のどこを話しているのかを明確にする

スクリーン上の資料だけでなく手元への配布資料もある場合は、手元資料のどこを話しているのかを確認しながら話すようにしてください。

10.必ず時間厳守で終わる

定められた時間を過ぎても話し続けることはプレゼンテーションの価値を大きく下げます。必ず、制限時間内に終わるようにしましょう。もし、途中で制限時間内に終わりそうもないと思った場合は、途中を省いてでもきっちりと時間内に終わらせるべきです。

11.質問には丁寧に答える

質問を恐れないようにしましょう。聴き手はあなたの敵ではありません。 質問が出た時は、質問を丁寧に繰り返して内容を確認し、丁寧に答えてください。想定外のどうしても答えることができない質問が出た場合は、正直に今すぐには答えることができないことを言い、後日、回答するようにするのが良いでしょう。 その場しのぎのいい加減な答えをすると後で大変なことになる危険性があります。

さて、ここまでのコラムで、これからのエンジニアは、ただ技術面で優れているだけでなく、顧客のニーズを的確に把握して設計開発に落とし込むスキルが求められているという問題意識のもと、 「顧客のニーズを的確に把握するためのインタビュー・スキル」、「聞き出したニーズを論理的にまとめるロジカル・ライティング・スキル」、「開発の方向性を的確に説明し、顧客に納得してもらうプレゼンテーション・スキル」について書いてきました。

来年は、残る2つのテーマである「顧客視点で製品サービスを考えることができるマーケティング・マインド」、「顧客とともに事業を作り上げるビジネス・センス」について書いていきたいと思います。

では、皆様良いお年をお迎えください。
来年もよろしくお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「市場で求められるエンジニアになるためのスキルアップ手法」 コラム一覧

←コラム一覧に戻る

コラムニストのご紹介

髙橋秀綱氏<br>(戦略コンサルタント)

髙橋秀綱氏
(戦略コンサルタント)

市場で輝くクリエイティヴなエンジニアになるためのノウハウを学ぶ!

富士通グループのシンクタンクである富士通総研で、マーケティング戦略や新規事業戦略プランニングの分野を中心に多数のプロジェクトに参加すると同時に、社内教育のカリキュラム策定や研修講師を務める。
2011年に独立後も、大手IT企業の社員教育、様々な業種における業界調査、戦略策定のコンサルティングをおこなう。

おすすめコラム

注意事項

本サイトに掲載されているテクニカル・コラムは、掲載時点で公開されている情報をもとに執筆者の視点で書かれたものです。弊社及び執筆者は本テクニカル・コラムの内容について一切保証をいたしません。また、技術的な問い合わせについても対応いたしかねますので予めご了承ください。

専門のキャリアコンサルタントが、あなたの転職を徹底サポート。

最新の求人が新着順に5件掲載されます。

新着求人help

ページトップへ